琉球白蓮ブログ

◎実戦カラテ白蓮会館沖縄支部のブログ◎
『心』を育て『技』を磨き『体』を鍛える

◎県内5つの道場で練習可能◎
宜野湾道場:宜野湾市大山1-14-25-2F
浦添道場:浦添市安波茶2-15-1-1F
那覇道場:那覇市古島2-26-15-2F
コザ道場:沖縄市照屋5-2-1-1F
北谷道場 : 北谷町伊平458-1 WKO武道センター

沖縄で実戦空手をするなら白蓮会館へ!!
TEL:098-898-0631

<< 3/29新極真沖縄大会 延期のお知らせ | main | 新技 >>
炭酸微酸性次亜塩素酸水の作り方
お待たせしました。
次亜塩素酸ナトリウム液に炭酸水を加えて次亜塩素酸水を作ります。
人体に無害で手指の消毒に使えます。刺激が無ければ顔や喉にも使用可能です。
スプレー噴霧による空間消毒にも使えます。
アルコール消毒が効かないノロウイルスにも有効です。

【用意するもの】
・2Lペットボトル2本
(天然水の入っていたボトルがオススメ)
・計量カップ
・プラスチック漏斗
・ph試験紙(なくても良い)
・市販炭酸水500ml
・塩素系漂白剤or哺乳瓶消毒液
※ピューラックス6%やチュチュヘビーつけるだけ1%など。
※ 成分記載が「次亜塩素酸ナトリウム」のみの物。
※食品添加物用ならなお良し。

【作りかた】
○ボトルA(次亜塩素酸ナトリウム3600mg/L)を作る
・2LペットボトルAにピューラックス6%を120mlもしくはチュチュヘビーつけるだけ1%を720mlを測り入れる。
・ボトルAの2L水位まで水道水を加え、栓をして軽く振る。
・次亜塩素酸ナトリウム3600mg/Lと記載したラベルを張り付ける。同時に日付も記す。
○ボトルB(次亜塩素酸水250mg/L)を作る。
・ボトルAの液145±5mlを2LペットボトルBに測り入れる。
・ボトルBの半分水位まで水道水を加える。
・炭酸水100〜150mLくらいをボトルBに入れる。
・ボトルBの2L水位まで水道水を加え、栓をして軽く振る。
・ボトルBには微酸性250mg/L程度の次亜塩素酸水が出来上がります。
・phを確認したい人はph試験紙で確認する。万一phが7.5以上の場合には炭酸水10ml程度を追加する。炭酸水が過剰であっても炭酸ガスが逃げph5.0以下になることは有りません。
・ボトルBに次亜塩素酸水ph○○、250mg/Lと記載したラベルを張り付ける。同時に日付も記す。

【使用時の目安濃度】
250mg/L(そのまま使用)
キッチン用品、ドアノブ、ゴミ箱などの除菌消臭

100mg/L(2.5倍に希釈)
服、靴、枕、カーテンなどの除菌消臭

50mg/L(5倍に希釈)
手洗い、うがい、空間消毒など

【使用するときの注意】
・生成液に対する感受性は人それぞれです。使用に当たっては刺激や違和感に注意し、水道水で希釈、または使用を中止してください。
・生成液は飲食物では有りません。
・キッチンハイターなどは次亜塩素酸ナトリウム以外の成分が混入されていますので使用できません。成分の記載が次亜塩素酸ナトリウムのみの物を使って下さい。
・加湿器などによる噴霧は濃度が過度に高まる場合があるのでお勧めしません。
・金属に使った場合10分後に拭き取る。
・スプレーボトルに入れる場合は遮光性のあるボトルがオススメ。(金属製は不可)
・スプレーのノズルは定期的に水洗浄する。

【保管するときの注意】
・紫外線と温度に弱いので冷暗所に保存すること。
・気化を防ぐため密封容器で保存すること。
・ボトルAの次亜塩素酸ナトリウム水溶液3600mg/Lはアルカリ性なので半年くらい持ちます。
・ボトルBの次亜塩素酸水は炭酸微酸性なので2か月くらい持ちます。
| permalink | comments(2) | - | その他 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 炭酸微酸性次亜塩素酸水の作り方
色んな方があげてた作り方をほぼ全部試して、安定して量産できる優れた方法だと判断したものを採用させて頂きました。
友達にも教えてあげましょうと書かれてた方の記事をベースに、他の方の表現も参考にして、消毒液が手に入らず困ってた門下生や、遠方で高齢の母にも分かりやすいように加筆してまとめてみました。
不都合でしたら削除しますのでご連絡ください。
| 支部長 | 2020/04/17 6:40 AM |

他人のブログ内容パクらない方が良いですよ。
| abc | 2020/04/16 8:10 PM |